いるか幼稚園

保育の考え方

園長からの挨拶

西宮市のほぼ中央に位置する大屋町にあり、創立50年以上の歴史のある幼稚園です。阪急幼稚園は同年代の子どもたちと、遊び、学ぶ、集団生活の第一歩でもあります。いろんな経験をする中で、それぞれの子どもたちの個性の輝きを見つけ、それを伸ばし、毎日明るく元気に楽しく活動できる子どもになってほしいと思っています。
「こどもは親から、親はこどもから学ぶ」という言葉がありますように、親と個は子育てを通じて一緒に成長するものです。私たちはその言葉を胸に、子育てのお父さん、お母さんも支援していきたいと思っています。そして、私たち自身も一緒に成長していきたいと思っています。

園長 松本 善寛

  • 園庭で遊ぶ子どもたち
  • 園庭風景
  • おかえり風景
  • 体育あそび

教育方針

個性の輝きを育てる
幼稚園生活を通して、それぞれの子どもたちの「個性の輝き」を見つけ出し、それを伸ばし、毎日元気に、明るく楽しく活動できるよう指導していきたいと思います。
社会のルールを学ぶ
幼稚園生活を通して、それぞれの子どもたちの「個性の輝き」を見つけ出し、それを伸ばし、毎日元気に、明るく楽しく活動できるよう指導していきたいと思います。
一緒に成長する
「子どもは親から、親は子どもから学ぶ」と言う言葉があります。
そこに幼稚園も加わって、日々一緒に成長して行きたいと思います。
立腰教育
姿勢を正す事。これが、教育の基本と考えます。腰骨を立て、良い座り方をする事で、集中力も高まり、やる気が湧いてきます。
「立腰」で、健康でやる気のある子どもに育てたいと思います。

教育目標

自立心とやる気を育てる
やさしさ(愛)のある子どもを育てる

パソコン版サイトはこちら